HOME > 桜台ブログ

桜台ブログ

私立大学合格の報告

2016年の私立大学は終了し、合否発表が教室に届いています

トップページでもご紹介しております
合格を勝ち取った生徒さんは
中学生の頃から当教室に通塾されていた生徒さんでした

中学生の頃、東工大の講師との授業から
一気に学習意欲が上がり、自分も講師陣のようになりたいと
目標が出来たのです
高校に進学してからも、勉強に手を抜く事無く
しかし、運動部に入り、もう一つ部活動に参加する等
忙しく過ごしてきました

受験期によく口にしていた言葉は
「もっと勉強していれば良かった」
と中学生時代を後悔する言葉でした
入塾当初の偏差値は50代前半で、学習は復習からでした
そんな生徒さんが今年、有名大学の合格を次々と勝ち取り
最後の入試に挑みました
私としては、もちろん最後の試験も合格で終わりたい気持ちで
いっぱいですが、十分頑張ったね!と
早くも声をかけてあげたい気持ちもあります

来年の受験生も刺激を受けて
意欲満々です!!




慶應SFCに行きました!

横塚教務の知人に校内を案内してもらながら歩きました^0^
DSC_9345.JPG

来年の入試を見据えた現2年生さんたちを連れて行ったのは
理工系進学を考えている生徒さんが多いからです

DSC_9348.JPG
様々な場所で研究が行われていますが
どこを見ても緑が豊で、電線も無くとても気持ちのよい場所です

DSC_9349.JPG
DSC_9351.JPG
DSC_9356.JPG
校内の見学だけでなく
入試についても詳しく教えてもらいました
勉強に対する意欲もわきましたね!

楽しく、勉強になる1日を過ごせましたね!
さぁ、頑張ろう!!


数学頭脳の秀才!をご紹介します

DSC_8672.JPG
当教室の難関数学は彼にお任せ!!
でこの数年間が過ぎました

横塚講師です
数学に秀でた才能と「数学が好き!」と言える横塚講師は
皆を数学好きにしてしまう不思議な力をもった授業を展開!!

彼自身、一番勉強したのは小学生の頃だったそうです
しかも、先取り学習がずば抜けていました
小学3年の頃には6年生の問題を解き、小学校を卒業する頃には「大学への数学」を解いていた!!
という逸材です

彼の授業は解説がとにかくわかりやすい!と定評ですが
やはり深く数学を理解しているからこそ出来る事と
数学が好きだと言う気持ちが生徒さん達に伝わるからなのかもしれませんね

実は現在、ある知人の方に頼まれて現役大学生の数学の授業をしています
しかも、数学科の生徒さんです
週1回、3時間をかけて数学を指導していますが
留年すれすれだった生徒さん、この春進級できそうで良かったですね

そんな爆発的な頭脳の持ち主ですが、人柄は温厚で誰にでも優しく接し柔軟な対応が出来る
素晴らしい人間性も備えています

この春から彼も社会人になりますが
当教室にはこのまま在籍し、役員として残ってくれます
こんな頼もしい事はありません
これからも共に教室の生徒さん達の成長を見守ってくれるのは何より私には嬉しい事です

彼は中学受験では「筑波大学附属駒場中学」に進学しました
たとえ数学が好きでも、膨大な学習をして来た事で疲れた時期もありました
しかし、そんな彼だからこそ勉強でのつまずきや悩みを共感してくれる所も生徒さん達から
厚い信頼を得ている秘訣なのかも知れません
数学オリンピックに挑戦するなど、意欲的な学生時代を過ごし
慶應理工学部・医学部の合格もとりましが、東工大を選び
数学人生といっても過言ではない学生生活を送りました

これからも彼はこの教室にいます!
横塚講師でした^0^

冬期講習風景と年末のご挨拶

2015年、あっと言う間の1年でした
今年度も各ご家庭とともにお子様の健やかな成長を願ってともに取り組みめた事を
心から感謝しています

この冬期講習で真剣の中に楽しさのある授業風景を撮影しましたのでご覧ください

DSC_8613.JPGこの冬大活躍してくれたお茶の水講師、かわいいですね
お姉さん気質でしっかり生徒さん達をリードしてくれています♪

DSC_8616.JPGどうですか?この真剣な表情・・・とても良いですね^0^

DSC_8619.JPG
こちらは小論文授業をする東大講師です
外が明るく、季節講習という感じがします

DSC_8653.JPG小論文では、お題に対して反対派と賛成派にわかれてディベートします ただいま相談中の二人です

DSC_8673.JPG少人数だからこそ出来る事の一つ、こうしてしっかり一人ずつの弱点を指導できるから生徒さん達も自信がつきますね

DSC_8700.JPG東大講師の英語授業では本人も気がつかなかった弱点が出て来て本人がビックリ!!
「まだまだ甘いな」と気持ちも引き締まりました

DSC_8705.JPG
ずば抜けた数学力で受験生をリードする東工大講師
来年から社会人でもあり、当教室を運営する役員でもあります


いかがでしたか?もっと沢山ご覧頂きたいのですが、今日は大晦日
私もあまり時間に余裕がありませんので、また次の機会にご覧頂こうと思います

来年の3月末にこうした授業風景の写真と動画等をご覧頂きながら、講師陣とご家庭との懇談会を実施しようと思っています
今年は講演会を開いたり移転をしたりと忙しい年でした
生徒さん達も個人的に問題を抱える子が多かったですが、相談しながら一緒に進んできました
来年も常に生徒さんと寄り添って一つ一つクリアして行こうと思っています

今年も様々な方に大変お世話になりました
受験生始めどちらさまも体調に気をつけてご自愛ください
来年もよろしくお願いします

国公立へ君も!!

11月22日の東大生による講演会は
あまり多くのご参加を頂けませんでしたが
強い関心を持ち、意識の高いご家庭が集まってくださり
内容の濃い充実した会になりました
ご参加くださった皆様ありがとうございました

保護者の方からその後
様々な感想が寄せられていますので
ご紹介します

Rママ
「本当に感動しました!なんて立派な方達でしょう!!お話は難しすぎず楽しく聞く事が出来ました。
例えもわかりやすく、私にも実践できそうなお話を聞けて今後に役立たせたいと思います。
ただ、こんな講演を無料でするのはもったいないですし、参加された方も少なく、もっと宣伝されてはいかがですか?」

本当はもっと具体的にここが良かった、ここに感心した!などのお話も頂いているのですが、本当に感動してくださっている
事が伝わってきましたので、まとめさせて頂きました。
無料でしかもたいした宣伝もせず・・・という所なのですが
あまり遠方からいらして頂いていも、その場で終わってしまいますし
無料だからこそお金をかけて宣伝する気もありませんでした
ただ、ホームページを始め、mama cafe  塾長ブログでは大きく宣伝しておりましたので
普段からアンテナを張っていらっしゃる方なら気がついたと思います
価値を感じている方に聞いて頂ければ、人数は問題ではありません・・と言うのが私の持論です

DSC_8055.JPG
上の写真は受付を始める前の高校生の3人です。講師陣のお手伝いが出来るのは嬉しいと率先してやってくれました^0^

当教室の生徒さん達は国公立とそれに近いレベルの大学を目指して頑張る生徒さんばかりです
楽しく真剣で当然のように国公立を目指すという
すこしビックリな空気が流れる教室!!

今日も自習に来る生徒さんと授業のある生徒さんで活気のある教室です^0^




高3生の駆け込み入塾!

先週お電話を頂いたのは
高校3年生の生徒さんのご家庭からでした

これまで専門に行くと言い張っていたのですが
やはり大学に行きたいと・・

ん〜〜〜

センターまであと3ヶ月・・・・
悩む所ではありますが

生徒さんのやりたい!という気持ちに背を向ける訳には行きません

「ハードだよ、辛いと思うよ」
という言葉にも
「わかってます。覚悟してます!」
と力強く答えてくれたので
これから猛特訓が始まりますね!!

さすがに国公立には間に合わないかもしれません
でも、3ヶ月4ヶ月を無駄に過ごすのではなく
目標を持って
意欲的に学習しようという意気込みは素晴らしいと思いました

同学年の生徒さんとは一緒に勉強できないけれど
これまでの遅れを取り戻し
自信を持って高校を卒業して欲しいです♪

教室がまた賑やかになりましたね
頑張りましょう!!

1年生の計算力

次の計算をしなさい

 x−5    5(x+3)
 4  +    7    × (ー14)=


ちょっとズレちゃいますね^^;



上の式は中学1年生の通年教材の中にある問題です
単元は文字式の計算なので、1年生は既に全員が学習しているという事になります
しかし、この手の問題をスラスラと解ける生徒さんは少ないのが現状です

2年生はさすがに解けましたが、かなりの時間を要する生徒さんも複数名います

何が良いたいのかというと
「習ったら出来る」という考えがそもそも間違っていると言う事です

暗記していなくては答えがかけない問題は別として
「考える」問題は
習っただけでは出来ません

塾に通っていれば安心というのはある意味間違った考え方です
塾では学校で教えきれない細かい部分や学校では対応していない応用発展問題を指導します
塾に通ってそうした部分を指導してもらっても、その場は理解した気になっていますが
いざ、こうした問題をとくとなると、「自分で」解く事が出来ない
という事は珍しくありません

本来なら自分から何度も練習する事が一番の解決策なのですが
忙しい中学生・・なかなか実践するのは難しいでしょう
なので、塾から出された宿題は最低やってくる事が必要なのです

同じ計算でも、得意単元とそうでない単元が出てきます
分数が出てくるとどうしても・・・とか
ルートになるとわからなくなる・・などです

弱点克服とは
「計算」というひとくくりにには本来で来ません
そのなかには様々な力と知識が必要なのです

お子さんの計算力はどうでしょう?

上記の問題を1年生なら7分くらいかかるでしょうか?
スラスラと解けるなら2分くらいで答えが出てもおかしくはないです


  

定期考査が終わったら・・・

こちらのブログは久しぶりの更新となってしまいました^^:
mama's caf'eと私の塾長ブログを書くので
結構いっぱいです

このブログは教室のホームページと言う事もあり
通塾くださっている生徒さん達の様子をなるべくご紹介したいと思っています

さて、夏休みもあっという間に過ぎ
定期考査がありました
来年から3学期生に戻る事もあり
子供達は回数の多くなるテストに慣れなくては!と頑張っている生徒さんもいました
範囲が狭くなる分、平均点は高くなるという考えと
範囲が狭くなる分、復習を入れてくるという二つが考えられます
いずれにせよ、日々の勉強が一番大切と言う事ですね^0^

定期考査が終わった中学2年生さん達
ここから先取り学習の始まりです
数学だけでなく、英語も単元学習は先取りしていきます
少し進めて復習・・・の繰り返しとなります

今日はなぜ先取り学習をしなくてはならないのか?
という部分を2年生さん達に説明して
少しずつ自覚を持ってもらえるように促しておきました
ちょっと神妙な顔つきで聞く生徒さん
まだ先と思いたいのか他人事のように振る舞う生徒さん
それぞれですが、時間は平等
入試は待ってはくれません


数日前は高校入試に内申がどうか変わってくるかを説明し
忙しい学校生活の中でも
ここからの2年生の取り組みはこれまでとは少し違う事等
自覚して過ごすことで
学習意欲やテストへの意欲も変わってきます
こうして追い込み時期の負担を軽減する事が
余裕を持って入試までを過ごす秘訣かもしれません!!

現在3年生の入試が終わったらスタート・・・
なんて呑気にしてはいられません

この定期考査が終わったのを合図に
先取り学習
始めます!!

夏期講習は復習でしょ!

2015.jpg

もうすぐ夏休み!!
っと浮かれている中学生さん!

今の中学生は夏休み直後に期末考査があります
そして10月に初めての成績が配られる訳ですよね
この夏、明確な目標を設定しにくいのは
「成績表が配られていない事で、自分の弱点がわからない」
いうのが大きな原因でしょう

しかし!!

勉強に終わりはありませんし、弱点がどこかわからないなんて勉強を二の次にする理由になりませんよ
中間テストの結果は80点以上でしたか?
理科・社会も高得点を出せましたか?
単語・漢字はバッチリですか?
応用問題を解きましたか?

全てに「はい」と答えられるなら「新単元を学習しても良いでしょう」
でも
そうではない場合は「復習」です

1年でわからないをそのままにしておいても
2年で曖昧なままにしておいても
3年で後悔する事になります

3年では5教科のどれが足を引っ張っても不利になりますから
2年生が終わるまでに英語・数学は力を付けておく必要がありますね

どうやって復習すれば良いのか?
なんの教材を使えば?
レベルはどのくらいで復習するのが良いのか?
そうした事が明確で適格でなくては時間の無駄になってしまいますね

そうしたお悩みも全て引き受けてお子さんの指導にあたるのが
当教室です!
この夏は復習から始めよう!!

新教室での授業

新教室での授業が始まり、生徒さんも講師陣も見晴らしの良い教室が気に入ってくれているようです
場所は変わっても、授業はこれまで通り・・いえ、これまでよりスムーズにまわっているように思います


自習中の高校生
FullSizeRender.jpg

授業に積極的に参加している高3生
FullSizeRender 2.jpg
一見どちらが講師かわからない!?かもしれませんが(笑
質問をしている高校生と講師です
講師は東工大の院生です

広くなったはずなのに、詰め込みすぎて結局広くなっていない感が満載・・・ですね
でも、熱い授業はどこでも同じ!

おおお.jpg

よよよ.jpg

ととと.jpg

みんなスタイルはラフですが、学習はエリートそのもの!
生徒の皆さんも負けじと付いていっているのがよくわかりますね!

高校生のクラスは基本的に一斉授業ですが、置いていかれる事のないように
一人ずつ理解度を確認しながら進めています


1234567

アーカイブ

このページのトップへ